流行注意報


インフルエンザの流行は少しピークを越えた感じがあります。
少し暖かい日もありますが、気温の変化が激しいので体調を崩さないように
手洗い・うがいよろしくお願いします。

<インフルエンザ>
インフルエンザウイルスの感染により、カゼの症状をきたしますが重症度が高く、注意が必要です。毎年12月に流行が始まり、1~2月に流行のピークを認めます。頭痛、発熱、関節痛を認めますが、乳幼児の場合は症状が著明ではなく診断が難しいことがあります。当院では迅速診断キッドを用いて早期発見、早期治療を目指しています。インフルエンザワクチンの予防接種は有効ですが、流行期インフルエンザ様の症状を認めたら早期に受診するようお願いします。インフルエンザ治療薬、解熱剤の必要性、その他自宅での注意事項につき説明いたします。またインフルエンザに感染しないように普段から外出後の手洗い、うがいを心がけましょう。

<アデノウィルス感染症>
咽頭結膜熱の別名です。殺菌が不十分なプールの水からアデノウイルスが感染することがあるのでプール熱ともいいます。発熱、咽頭炎、結膜炎がおもな症状です。発熱は高熱のことが多く、4日前後続きます。 のどの痛みや眼の痛みは約1週間で改善します。 治療は対症療法です。安静、十分な水分補給、手洗いや消毒を十分に行ってください。