予防接種・任意

>予防接種-定期 >乳幼児健診

任意予防接種は、予防接種法の対象となっていません。被接種者(保護者)の判断によって行われる仕組みになっており、行政が推奨しているものではありませんが、使用するワクチンは厚生労働省によって薬事法上の認可がなされています。
詳しくは、下記の該当する予防接種箇所をクリックしてご覧ください。

ロタウイルス
乳幼児で重症になりやすいロタウイルスによる胃腸炎を予防します。
ロタウイルスには1価ワクチン(ロタリックス)と、5価ワクチン(ロタテック)があります。どちらも飲むワクチンです。胃腸炎の予防効果には両者に大きな差はありません。
接種回数はロタリックスは2回、ロタテックは3回、どちらも初回の接種は生後14週6日までとなっております。
ロタリックスは生後24週までに2回目を、ロタテックは生後32週までに3回目を4週間以上の間隔を空けて接種します。
おたふくかぜ
1歳以上で接種できます。3~5年の間隔を空けて2回接種をお薦めします。2回目は3歳以降、MRワクチン2期との同時接種をお薦めします。

 

その他、A型肝炎・破傷風や定期接種の時期を逃してしまったワクチン等の接種も有料でお受けしております。ご予約いただいてからワクチンを取り寄せますので、事前にご相談ください。